花のお手入れ方法

お花を長持ちさせるために、少し手間をかけてやることで、お花もいきいき本来の花持ちを実感できるので、ぜひトライしてみてください

[花束の場合]

・花束の場合は、保水はしていますが水に入れてあげる必要があります。

まずは、花瓶などの花器に水を入れて、付属の栄養剤を水の中に入れてください(500mlにつき1袋)

次に、ハサミを用意してラッピングをほどいてください。保水した部分を外すと、花の幹が見えます。

そのまま花器に入れる前にひと手間!花の切り口から1~3CM程度、用意したハサミで切り戻してください。

そうすることで、花の切り口が新しくなり、水を吸い上げやすくなります。

できればここで!直角に切るよりも斜めに切ってあげると、断面積が広くなり、更に水揚げが良くなります。

・花束を結束しているヒモは、付けておいても、解いてあげても構いません。結束をほどいて、自分なりに配置を変えても楽しめます。

・少し、お花にハリや勢いがなくなってきたら、多めに切り戻す(5CM以上)ことで、勢いが戻ることがよくあります。バラなどは、首が垂れてきたら短く切り戻すことで、元気を取り戻しますので、諦めないで切り戻してあげてください。最終的に、コップに生けるくらいの長さまで切り戻してあげると、きれいに開いて、長く楽しめます。

 

[アレンジの場合]

[プリザーブドフラワー、ドライフラワーの場合]

 

 

トップページへ

その他コラムへ